【増量】体を大きくするときに食べたいおすすめの食材!

体を大きくするときに食べたいおすすめの食材!

どうもこんにちは!ぼるぼっくす(@volvox_plankton)です!

増量時なにを食べればいいのかとっても迷いますよね。特に初めての増量のときは何を食べればいいのかチンプンカンプンかなと思います。

今回は増量時におすすめの食材をまとめてみました。何食べればいいのか迷ってる方、参考にしてみてくださいね。

おすすめの食材の判断基準

増量時には下記の特徴をもった食材がおすすめです。

  1. 高カロリー
  2. 高タンパク
  3. 低脂質

なるべくカロリーが高く、高タンパクで脂質が少ない食材を選んで食べるようにしましょう。

食材の栄養表示を見て『タンパク質と脂質がほとんど同じ数値だったり、タンパク質よりも脂質が上回っているようなものは極力控える』と良いですね。

体を大きくするときにおすすめの食材

体を大きくするときにおすすめの食材は下記の通りです。

  1. お米
  2. 缶詰のサラダチキン
  3. セブンのサラダチキン
  4. 低脂肪牛乳
  5. 牛のもも肉
  6. マグロ
  7. ファミチキヘルシー

どのあたりがおすすめなのか、というのも解説していきますね。

お米

お米

お米

ごはん1杯分(150g)あたりの栄養
エネルギー 222kcal
糖質 47.6g
タンパク質 3.9g
脂質 0.75g

お米は筋トレでは万能食材と言われる事もあり、『高カロリーで糖質も多く、タンパク質もあり、脂質は少なめ』とかなり良いことばかりです。

パンが主食の国のボディービルダーでも増量期にはお米を主食とする事も場合が多いです。

缶詰のサラダチキン

缶詰サラダチキンの栄養
糖質 4.5g
タンパク質 13.7g
脂質 4.5g
炭水化物 0g
値段 1缶あたり207円

高タンパクで食べやすいものないかなと、おばあちゃんに相談したところ買ってきてくれたのが『缶詰のサラダチキン』です。

コンビニで売っているサラダチキンと比べると、値段は同じくらいなのにタンパク質は半分以下…とコスパが良いとは言えません。しかし、味付けがおいしく最初から切り身のような状態なので気軽に食べやすいのです。

食が進まないけどタンパク質摂らなきゃ…というときに、おすすめの食材ですね。

セブンのサラダチキン

サラダチキン

サラダチキン

セブンとローソンのサラダチキンの比較
店名 セブン(125g) ローソン
エネルギー 131kcal 121kcal
タンパク質 29.75g 26.5g
脂質 1.12g 1.0g

表の通り、セブンの方がカロリーもタンパク質も多めで、ローソンの方がカロリー低め、タンパク質も若干低めとなっています。

少しでも早く体を大きくしたい場合、セブンのサラダチキンを購入すると良いですね!

低脂肪牛乳

牛乳

低脂肪牛乳と成分無調整牛乳の比較(200ml)
種類 低脂肪牛乳 成分無調整
エネルギー 97kcal 138kcal
タンパク質 7.9g 6.8g
脂質 2.08g 7.83g
炭水化物 11.44g 9.89g

できるだけタンパク質の摂取量を多くしたい場合、飲み物は『低脂肪牛乳』がおすすめです。

低脂質牛乳は脂質が抑えられているだけでなく、タンパク質量も成分無調整牛乳より多いとかなり理想的。プロテイン以外にも飲み物でタンパク質を増やしたい場合は、低脂質牛乳が良いですね。

『注意点は乳糖が含まれていること』です。乳糖というのはお腹を壊してしまう成分で、許容量は人によって異なります。

牛乳飲むとお腹の調子悪くなりやすいという方は、牛乳は控えてくださいね。

牛のもも肉

牛もも肉

牛のもも肉の栄養(100g)
エネルギー 182kcal
タンパク質 21.2g
脂質 9.6g
炭水化物 0.5g

マッチョ御用達の食材の一つですね。高カロリー高タンパクで、脂質も低め。かなり理想的な食材です。食べ応えがあるのに、ガッツリ食べても脂肪が増えにくいのが大きな強み。

値段が高いことが多いので鳥の胸肉などと比べるとコスパが良いとは言えないですが、余裕があれば美味しいですし食べたいですよね。

マグロ

マグロの赤身

マグロ(100g)
エネルギー 125kcal
タンパク質 26.4g
脂質 1.4g
炭水化物 0.1g

こちらも牛のもも肉同様に体を大きくする上でとても強力な食材です。かなり高タンパクで低脂質なので、脂肪がつきにくく筋肉のみを大きくするのに役立ちます。

またマグロには『クレアチン』が多く含まれています。

クレアチンとは…?

クレアチニンは筋肉の瞬発力をちょっとだけ強化してくれる効果があります。具体的には10回しかできなかったベンチが11回できるようになる。

マグロ単体だけではクレアチンの効果を十分に感じ取ることは難しいと思いますが、もしかしたらちょっと追い込みがしやすくなるかも…しれないですね。

ファミチキヘルシー(現在は販売停止中)

https://twitter.com/naiking7113/status/1096068871092461568?s=20

ファミチキヘルシーとカレー味との比較
種類 ヘルシー(100g) ファミチキカレー(86g)
エネルギー 220kcal 239kcal
タンパク質 20.1g 12.7g
脂質 10.0g 12.7g
炭水化物 12.3g 18.4g

ファミチキヘルシーはパーソナル見させて頂いている方から教えてもらいました。

どんな油を使っているのか気になるところではありますが、高カロリー高タンパク、低脂質と、かなり理想的な成分をしています。そして値段もそんなに高くないのがポイント。

小腹が空いたとき、ベンチに座って手軽に食べれるのが良いですね。

【まとめ】体を大きくするときにおすすめの食材

体を大きくするときに『おすすめの食材は高カロリー高タンパク、低脂質』です。

ご自身で食材を選ぶときにも成分表を見て、高カロリー高タンパク、低脂質なものを選ぶようにしてみてください。

素麺などもタンパク質がとても多いのですが、植物性タンパク質は吸収率があまりよくないので、なるべくなら肉や魚などを選ぶと良いですね。

以上、体を大きくするときにおすすめの食材でした。最後まで読んでくださり、ありがとうございます!