週1じゃダメ!おすすめのトレーニング頻度と鍛える部位について解説!

週1じゃダメ!おすすめのトレーニング頻度と鍛える部位について解説!

どうもこんにちは!ぼるぼっくす(@volvox_plankton)です!

ジムって人によって通ってる頻度全然違いますよね。週1の人もいれば週5で通ってるような人もいたり。

どれくらいの頻度でトレーニングしたらいいんだろうって疑問に思っている方も少なくないはず。

トレーニング頻度は週1で現状維持、週2で効果が出始めるといわれてたりしますね。

今回の記事では『おすすめのトレーニング頻度と鍛える部位について解説』してきます。

おすすめのトレーニング頻度と鍛える部位

おすすめのトレーニング頻度は下記の通りです。

  • 週5でトレーニング
  • 週3でトレーニング
  • 週2でトレーニング

時間がある方であれば週5でトレーニングがおすすめです。

週5でトレーニング

月曜日 休み
火曜日
水曜日 背中
木曜日 肩と首回り(僧帽筋)
金曜日 脚と腹回り
土曜日 腕回り
日曜日 休み

色々なトレーニングを使って一つの部位を鍛えられるので、満遍なく鍛えられますし、その分、トレーニング成果が出やすくなるのが大きな特徴です。

初心者の場合、1部位に対して3種類くらいのトレーニングでは追い込み足りていないケースが多いです。しかし、1部位あたり5種類くらいトレーニングできれば…さすがに追い込みが足りないというのは少なくなってきます。

最初から週5なんて…と思わずに、通えるなら週5で通って習慣化させて、筋トレのコツを掴んだ方が良いですね。

週3でトレーニング

月曜日 上半身(胸+肩+三頭筋)
火曜日 休み
水曜日 休み
木曜日 上半身(背中+二頭筋)
金曜日 休み
土曜日 下半身+腹筋
日曜日 休み

上半身の日が2つありますが、この2つは『押す動作』『引く動作』で分けています。

このように2つに分けると『体に疲労が蓄積しにくくなる』というメリットがあります。また休みも多くとれるのでそれ自体でも疲労が蓄積しにくいのが良いですね。

疲れやすいけど、なるべく早く体を発達させたいって場合には週3くらいが丁度いいかなと思います。

週2でトレーニング

月曜日 上半身(腕は行わない
火曜日 休み
水曜日 休み
木曜日 下半身+腕
金曜日 休み
土曜日 休み
日曜日 休み

「下半身の日に腕のトレーニングするの?」と思った方いると思います。

なぜ下半身の日に腕のトレーニングするのかというと、上半身のトレーニングでは腕の力使ってしまうからですね。それなら腕の力ほとんど使わない下半身の日に腕トレしたほうがコンディションの良い状態で追い込みができるはずです。

だから、下半身の日に腕トレします。

おすすめのトレーニング頻度と鍛える部位のまとめ

  • 週5でトレーニング
  • 週3でトレーニング
  • 週2でトレーニング

時間が大丈夫であれば週5でトレーニングして1部分ずつガッツリ追い込んでいくのがおすすめです。

そんなにジム行きたくないけどちゃんと筋トレ成果出したいなら週3くらいはジム行きたいですね。週2だと1日辺り3時間くらいかけてガッツリ追い込まないと難しいです。

以上!おすすめのトレーニング頻度についてでした。最後まで読んでくれてありがとうございます!