トレーニンググッズ

Motionsベンチを徹底レビュー!宅トレ環境が劇的に変わった!

どうもこんにちは!ぼるぼっくす(@volvox_plankton)です!

僕は最近、宅トレ環境作るのにハマっています。でも、ダンベルだけではまだできることが限られていたので、この度『Motionsアジャスタブルベンチ』というものを購入しました。

アジャスタブルダンベルもとても便利でしたが、やはりアジャスタブルベンチもとても便利で、この2点が揃ったことでほぼ全身のトレーニングが可能になりました。

今回の記事では『Motionsアジャスタブルベンチについて徹底的にレビュー』していきます。

この記事で分かること
  • リアルな使用感(メリット・デメリット)
  • 基本的なスペック
  • どんな筋トレと相性がいいのか
  • 組み立てにかかった時間と組み立ての難易度
  • どんな人におすすめなのか

自宅で筋トレするためにベンチが欲しかったり、Motionsベンチ気になっている方はぜひ参考にしてみてくださいね♪

Motionsベンチの基本的なスペック

MotionsベンチスペックMotionsベンチスペック
耐荷重220kgまで
背もたれ調整可能角度-17度→0度→30度→45度→60度→90度(計6段階)
座面調整可能角度0度→17度
角度調整方式ラダー式
サイズ画像参照
本体重量28kg

Motionsベンチの使用感を徹底レビュー

バランスがとりやすい!

最初使ってみたときジムにおいてあるアジャスタブルベンチに比べて「ちょっと横幅が広いような…?」という違和感があったのですが、慣れてしまえば特に不便することはありませんでした。

むしろベンチと背中の接地面が広くなるので『普通のベンチよりも安定感があり、重たい重量でのダンベルプレスがやりやすい』と感じました。

ぼるぼっくす。
ぼるぼっくす。
実際、使用できる重量が伸びました♪

安定感が高まることで、鍛えている筋肉に集中力を全部注げるようになるので発揮できる力が伸びたと思われます。

角度を変えるのがラクチン♪

ジムにおいてあるアジャスタブルベンチって、角度を変えるときに留め金を引っ張ったりする必要がありますよね。

あれって時々左右どちらについているのか分からなかったり、トレーニングの後だとちょっとしんどかったりしませんか…?

僕は割と左右どっちにあるのか分からなくなったり、角度変える作業がトレーニング後だと辛いことがあるんですよね。

Motionsベンチは写真のような感じになっていて『腰かけ部分を持ち上げるだけで重量を変えられる』んです!

Motionsベンチ角度調整Motionsベンチ角度調整

しかも結構腰かけ部分の重量が軽いのでハードにトレーニングしていても『しんどさを感じることなく角度変えることが可能!』

これには手軽すぎてビックリしましたね。ジムで置いてあるアジャスタブルベンチもこういう感じにすればいいのにと思いました。

しっかりストッパーがハマっているのが見えるのが好き!

僕昔、よく行くジムでインクラインプレスしていたら『ベンチが突然フラットまで倒れて九死に一生を得たことがある』んですよね…。

ベンチにクッション性があるとは言ってもガンッと倒れたので、後頭部痛かったですしよく重量支え続けられたなと思います。

そんな出来事があったので『ベンチいつ倒れるのかめーっちゃくちゃ怖い』んですよね。

ぼるぼっくす。
ぼるぼっくす。
ジムでアジャスタブルベンチ使う時はしっかり留め金がカチっとハマっているのか確認したほうがいいですよ!

Motionsベンチの場合『留め金部分が丸見えなのでしっかり固定されているのが一目瞭然』なんですよね。これが使っていてめちゃくちゃ安心感あって気に入っています!

Motionsベンチ止め金が見える!Motionsベンチ止め金が見える!

僕的にはこの安心感が得られるだけでMotionsベンチ買ってよかったなと思いました。『怖くてトレーニングに集中できないのはイヤ』ですからね。

移動しやすい!

重さ自体は28kgあるので軽いとは言えないのですが『かなりスルスル動くキャスターが付いているので移動がとてもしやすい』です。

デッドリフトして腰が疲労していても、スクワットして脚が疲労していても移動に苦しめられることはありません。

レッグホールドがあるのでデクラインプレスがしやすい!

レッグホールドは足をかけていないときは少しグラグラとしますが、足をかけたときは『しっかりとホールド』してくれます。

ぼるぼっくす。
ぼるぼっくす。
全くグラついたりしません!

なので、デクラインプレスしていてもかなり『上体のバランスがとりやすい』ですし、安定して追い込むことができます。

通常のフラットベンチやインクラインベンチするときもレッグホールドに足をかけることでバランスとりやすくなるので『とても便利』だと感じました。

\ Motionsベンチの詳細はこちら! /

Motionsアジャスタブルベンチを見てみる!

各筋トレ種目との相性

胸筋ベンチプレス
デクラインプレス
インクラインプレス
インクラインカール
スカルクラッシャー
サイドレイズ
アーノルドプレス
リアレイズ
腹筋
ドラゴンフラッグ
ヒップスラスト
ブルガリアンスクワット

『インクラインカールが〇な理由は、横幅が広いので少しやりにくいという理由から』です。

ぼるぼっくす。
ぼるぼっくす。
少し気になるというだけでやりにくいというわけではありません!

ヒップスラストに関してはこの『ベンチの位置が少し高い』のでもしかしたら人によってはやりにくいかもと思って△にさせて頂きました。

ベンチを使う種目一通り使ってみましたが『基本的にはどの種目で使っても十分使うことが可能』です!

組み立てにかかった時間と難易度

『Motionsベンチ実は説明書が英語』なんです…。

そして僕、あまり組み立てるのとか得意ではないのですが、かかった時間はだいたい『50分』ほどでした。

元々殆ど出来上がった状態で届く上に、説明書がかなり視覚的に書かれているので、僕みたいに『組み立てるのが苦手という方でも、そんなに時間かからずに完成させられる』のではないかなと思います。

組み立て始める前は、

ぼるぼっくす。
ぼるぼっくす。
うわ~やだなこれ…

と思ったのですが、わりとサクサクと組み立てることができました♪

Motionsベンチを安く買えるところはどこ?

公式サイト24,800円
Amazon29,800円(在庫切れ)
楽天29,800円(在庫切れ)

一番安く購入できるのは『公式サイト』からです。Amazonと楽天でも以前は購入可能でしたが、現在入荷予定はないそうです。

どんな人にMotionsベンチはおすすめなのか?

  • 自宅でガッツリ鍛えられるようにしたい!
  • 角度を変えたときの留め金の安全性が高いものが欲しい!
  • 機能性の高いベンチが欲しい!
  • トレーニング時に安定感があるベンチが欲しい!

といった方にMotionsベンチはとても合っていると思います♪

うちではトレーナーの僕と筋トレ初心者の弟でMotionsベンチを使っています。

僕は筋トレ歴がもう7年になるので思いっきり成長したりはしていませんが『筋トレ初心者の弟の方はベンチとダンベルを揃えてから3週間で6kgくらい体重が増えた』そうです。

弟の奥さんも体重が増えた弟のこと「腕回りや背中が全然違うよね!」と言っていました。

ベンチとダンベルがあればかなり宅トレしやすくなることは間違いないので、ぜひ宅トレ環境揃えたい方は、Motionsベンチお試しくださいね!

以上!ぼるぼっくす(@volvox_plankton)でした!

\ Motionsベンチの詳細はこちら! /

Motionsアジャスタブルベンチを見てみる!

ABOUT ME
ぼるぼっくす。
子供のころの夢はWebデザイナー!なのに今はトレーナーの専門学校を出てフリーランスでパーソナルトレーナーしてます。体づくりなどゲイ向けの有益な情報を発信していけたら良いなと思ってます。SNSもやってるので良ければフォローお願いします!