体を大きくするのにおすすめのサプリメント厳選紹介!

【2019年度版】おすすめアジャスタブルダンベル徹底比較【宅トレ最強】

アジャスタブルダンベル比較

どうもこんにちは!パーソナルトレーナーのぼるぼっくす(@volvox_plankton)です!

最近、アジャスタブルダンベルとても流行っていますよね。自分も欲しいなとは思っているけども「正直どれを選べばいいのか分からない」と思っている方も多いのではないでしょうか。

僕も購入に至るまでどこのメーカーが良いんだろう。すぐ壊れそうだし普通のダンベルの方の方がいいかな…?

ぼるぼっくす。

と、すごく悩みました。結果的には買ってよかったです。購入してもう1年が経ちますが全く壊れそうな気配もないですしね♪

本記事では『トレーナーの視点+購入までに得た知識を基に最新アジャスタブルダンベルまで徹底比較』していきます。

重量の誤差など他のブログでは書かれていないような『見落としがちな注意点なども細かく解説』していきますので、アジャスタブルダンベル購入検討中の方、参考にしてみてくださいね!

アジャスタブルダンベルの基本比較

簡単に比較すると下記の通りです。

名前 保証 タイプ 誤差
Motions式 3カ月 24kgと40kg 8%前後
Bowflex × 24kgと41kg ほとんどなし
MRG 1年 24kgと40kg 8%前後
ワイルドフィット 1週間 24kgと40kg 8%前後
名前 保証 タイプ 誤差
フレックスベル 店舗によって違う最長1年 20kgと30kg ほとんどなし
RANKER 3カ月(楽天) 24kgと40kg 8%前後
24kg同士の値段比較
Motions 29,800円(公式)
Bowflex 35,343円(片手のみ)
MRG 23,800円(楽天)
ワイルドフィット 29,000円(Amazon / 楽天)
フレックスベル(20kg) 35,600円(Amazon / 楽天)
RANKER 19,999円(Amazon)
40kg同士の値段比較
Motions 49,800円(公式)
Bowflex 62,627円(片手のみ)
MRG 37,800円(Amazon / 楽天)
ワイルドフィット 48,000円(Amazon / 楽天)
フレックスベル(32kg) 54,000円(Amazon / 楽天)
RANKER 36,800円(楽天)

1つずつ特徴やポイントを解説していきますね!

値段はご自身でも一応確認を!

記事内で値段も表記していますが、常日頃変動が起きているので購入前にご自身でも確認お願いします。

Motions式アジャスタブルダンベル

ポイント
  • 値段はアジャスタブルダンベルの中でも平均的
  • 3カ月の保証あり
  • 販売メーカーが明確である
  • グリップ部分にラバーが巻いてある(手のマメが痛くない)

上記4つのポイントから現状最もバランスが良く安心して使えるアジャスタブルダンベルかと思います。僕も悩んだ末にMotionsアジャスタブルダンベルを選びました。

他にも色々アジャスタブルダンベル発売している会社ありますが、値段が安い反面、会社の所在地が分からなかったり不安要素が多かったんですよね。その点、Motions式は福岡のコンプライアンスという会社が販売しているのがわかるので安心感があります。

購入してから1年が経ちましたが今だ壊れる気配は全くありません。

アジャスタブルダンベル選びに迷っているのであればMotions式アジャスタブルダンベルを選んでおけば間違いはないと思います。

実際自分が所持して使っているので自信をもっておすすめできる商品です。

ぼるぼっくす。

Motions式ダンベルレビュー 【全身】Motions式アジャスタブルダンベル実機レビュー!【鍛えられる】

調整可能重量

24kgタイプ 2.5→3.5→4.5→5.5→6.5→8→9→10→11.5→13.5→16→18→20.5→22.5→24kg(計15段階)
40kgタイプ 5→7→9→11→13→15→18→20→22→25→27→29→32→34→36→38→40kg(計17段階)

口コミや評判

値段比較

24kgタイプ 40kgタイプ
公式 29,800円 49,800円
Amazon 34,800円 54,800円
楽天 34,800円 54,800円

基本的には公式サイトで買った方が安いですが、キャンペーン中などは公式、Amazon、楽天ともに値段が統一されて10~15%の割引になることがあります。安い時見かけたら見逃したくありませんね。

僕が購入したときはまだ楽天やAmazonで販売してなくて公式サイトでした。発送が速くてとても良かったです。

少しでも早く手に入れたいって方はもしかしたら公式サイトから購入したほうが良いかもしれませんね!

Bowflexアジャスタブルダンベル

ポイント
  • 値段は他のアジャスタブルダンベルに比べてかなり高い(2倍以上)
  • アジャスタブルダンベルの始祖的な存在
  • 重量調節の幅が優秀

本家ダイヤル式アジャスタブルダンベルです。

Bowflex以外のダイヤル式アジャスタブルダンベルはすべてBowflexのOEM品。すなわちコピー品のようなものです。

他のアジャスタブルダンベルより優れている点は、重量調整の幅ですね。

24kg同士で比較
Bowflex 2kg~24kg(15段階)
その他OEM品 2.5kg~24kg(15段階)
40kg同士で比較
Bowflex 4kg~41kg(17段階)
その他OEM品 5kg~40kg(17段階)

軽い重量まで調整できる分、小さな筋肉までしっかり追い込みできますし、最大重量が重たい分、大きな筋肉にも使えますね。

なるべく重量幅が広い方がいいという場合は、Bowflex一択になります。

調整可能重量

24kgタイプ 2→3→4→5→7→8→9→10→11→14→16→18→20→23→24kg(計15段階)
40kgタイプ 4→7→9→11→14→16→18→20→23→25→27→30→32→34→36→39→41kg(計17段階)

口コミやレビュー

TwitterやInstagramでは口コミ見つからなかったので、Amazonの口コミやレビューを紹介しますね。

  • ダンベル自体は文句なしに最高
  • 重さの切り替えも滑らか
  • 土台がしょぼく軽いプラスチックで心もとない
  • 部屋に置いてあるだけで筋トレしたくなる

☆の数は4.5と基本的に高評価です。

ただ、Bowflexの製品に対しての高評価というよりも、素早く重量が変えられることに対する感動など、アジャスタブルダンベル自体の機能に対する評価が多い傾向にあります。

価格比較

Bowflexのアジャスタブルダンベルは基本Amazonの輸入限定です。日本公式サイトなどもありません。

Amazon
24kgタイプ 35,343円
40kgタイプ 62,627円

他のアジャスタブルダンベルと違って単品での販売です。

両手に持ってトレーニングするのであれば2つ購入する必要があるのでご注意ください。

値段は他のアジャスタブルダンベルよりも倍以上高いです。

MRGアジャスタブルダンベル

ポイント
  • 1年の長期保証
  • 値段は平均的
  • 販売しているメーカーが謎

MRGアジャスタブルダンベルは2017年末頃に発売されたダンベルです。OEM品なのでMotionsや後で紹介するワイルドフィットのダンベルと基本スペックは一緒です。

大きな特徴は1年の長期保証ですね。

他のアジャスタブルダンベルは保証がなかったり、あっても3カ月くらいです。

1年も保証してもらえるというのはかなり強みになりますね。

保証期間の比較
MRG 1年
Moitons 3カ月
Bowflex 無し
ワイルドフィット 1週間
フレックスベル 店舗によっては1年
RANKER 3カ月

保証期間は長いですが販売しているメーカーがよく分からない点には注意が必要かと思います。

購入検討の段階でMRGという会社探したのですが、問い合わせしてみたら「販売店様へ問い合わせください」と言われてしまったんですよね。

結局MRGというメーカーがどこなのか…というのは分からず終いでした。

保証長いものを選ぶのであればMRGですが、販売メーカーが分からないというのは頭の隅に置いておいた方が良いように思います。

調整可能重量

24kgタイプ 2.5→3.5→4.5→5.5→6.5→8→9→10→11.5→13.5→16→18→20.5→22.5→24kg(計15段階)
40kgタイプ 5→7→9→11→13→15→18→20→22→25→27→29→32→34→36→38→40kg(計17段階)

口コミやレビュー

Bowflex同様にSNSで口コミやレビューが見つけられませんでした。なのでAmazonの口コミを紹介させていただきます。

  • 重りを覆うカバーにひび割れが見える(粗末な商品とのレビュー)
  • ゴムっぽい素材なので重りで床を傷つけずにすむ
  • 普通に使いやすいし問題ない
  • 重さの可変が手軽にできるので色々なものを買い集める必要がない

やはりMRGのアジャスタブルダンベルの評価が高いというよりも、アジャスタブルダンベルの機能性に関する評価が高い印象ですね。

☆の数は4つで、全体的な評価は4.2となっています。

価格比較

24kgタイプ 40kgタイプ
Amazon 29,800円 37,800円
楽天 23,800円 37,800円

値段の変動があるかもしれませんが、Amazonではなく楽天で購入するのが良さそうです!

2019年8月現在、40kgタイプの販売が見つけられませんでした。また見かけたら追加しておきますが、もしかしたら販売終了…かもしれません。

ワイルドフィットアジャスタブルダンベル

ポイント
  • トレーニンググッズの専門店のアジャスタブルダンベル
  • 現状ちょっと特徴なし…

ワイルドフィットのアジャスタブルダンベルは2015年2月頃に販売されました。

MotionsやMRGよりも数年早く登場しています。

当時はBowflexしかなかったので、半額以下でアジャスタブルダンベルが手に入ると大変画期的な商品でした。

しかし今となっては更に安い値段で保証期間も長いアジャスタブルダンベルが各メーカーから販売されているので、特徴がない状態となってしまっています。

調整可能重量

24kgタイプ 2.5→3.5→4.5→5.5→6.5→8→9→10→11.5→13.5→16→18→20.5→22.5→24kg(計15段階)
40kgタイプ 5→7→9→11→13→15→18→20→22→25→27→29→32→34→36→38→40kg(計17段階)

口コミやレビュー

価格比較

24kgタイプ 40kgタイプ
Amazon 29,000円 48,000円
楽天 29,000円 48,000円

結構頻繁に値段の変動が起きているみたいです。ご自身でも確認お願いしますね。

フレックスベル(FlexBell)アジャスタブルダンベル

ポイント
  • SNSを中心として人気
  • 使用感が最もダンベルに近い
  • 横幅が狭くプレス系の種目で圧倒的な取り回しの良さ
  • 重量調整が極端
  • サムレスグリップで握れない

フレックスベルはNÜOというスウェーデンのトレーニング機器メーカーが販売しているアジャスタブルダンベルです。お洒落な外見がSNSを中心として人気がありますね。

僕もフレックスベル持っています。カッコよくて買ってしまいました。笑

ぼるぼっくす。

Bowflexやその他OEM品は重量を軽くしてもプレートを支える骨組みは残ってしまうという弱点がありました。それに対し、フレックスベルは重量軽くすると骨組みが引っ込んでいく作りになっています。

フレックスベルとMotions

フレックスベルとMotions

画像はフレックスベルが4kgでMotionsが4.5kgです。同じ4kg代なのに横幅の差が歴然ですよね。

フレックスベルはこの様に横幅がコンパクトなので、ショルダープレスのようなダンベル同士を接近させる動作がとてもやりやすいです。

しかしながら弱点もあります。

  • グリップ部分が短くてサムレスグリップが使えない
  • グリップ部分が太くて握力がどんどん持っていかれる

グリップ部分は成人男性の手にはかなり小さく、サムレスグリップで握れるような余裕はありません。

僕はサムレスグリップ多用するので、サムレスグリップが使えないとわかったときにとても後悔してしまいました。

ぼるぼっくす。

またグリップ部分が太いので重たい重量を扱うとすると、すぐに握力が無くなってしまうのです。

見た目はカッコいいですが、実用性的には他のアジャスタブルダンベルに劣る部分も多いのが正直なところですね。

調整可能重量

20kgタイプ 2→4→8→12→16→20kg(計6段階)
32kgタイプ 2→4→8→12→16→20→24→28→32kg(計9段階)

他のアジャスタブルダンベルに比べて調整可能重量は極端です。トレーニング種目や鍛える部位によっては扱いづらいところがあります。

例えばアームカールをするとして『8kgだと軽い…でも12kgだと重たい』という方、結構多いのではないでしょうか。

こういった場合、10kg辺りが欲しくなると思うのですが『フレックスベルの調整可能重量には10kgがない』んですよね。重量に関してはかなり極端だと言わざるをおえません。

ちょっと手間がかかりますが一応裏技があります!

ぼるぼっくす。

動画のようにプレートの位置を入れ替えることで『2kg刻みで重量を変更できる』そうです。(メーカー非推奨の方法ですが。)

これなら小刻みに重量を変えられるので、手間はかかるものの重量の融通が利くようになりますね♪

口コミや評判

価格比較

20kgタイプ 32kgタイプ
Amazon 35,600円 54,000円
楽天 35,600円 54,000円

一度品切れを起こすと『再入荷まで時間が結構かかる場合があるみたい』です。フレックスベルが欲しい方は在庫があるうちに購入したほうがいいかもしれませんね。

僕が購入したときは到着まで一週間もかからなかったと思います。

RANKERアジャスタブルダンベル

ポイント
  • 最高のコスパ
  • 3カ月の保証つき
  • 販売元が分からない

RANKERアジャスタブルダンベルは2018年4月に発売されたアジャスタブルダンベルです。まだ新しい部類ですね。

特徴は何といっても価格の安さです。

大体の24kgのアジャスタブルダンベルは25,000円前後するのですが、RANKERの24kgは19,999円。かなり破格の安さとなっています。しかも3カ月の保証付き!

販売元はMRG同様分からないのですが、安く手に入れたいのであれば一考の余地は十分にあると思います。Motionsなどと同じOEM品なのでスペックも一緒ですしね。

調整可能重量

24kgタイプ 2.5→3.5→4.5→5.5→6.5→8→9→10→11.5→13.5→16→18→20.5→22.5→24kg(計15段階)
40kgタイプ 5→7→9→11→13→15→18→20→22→25→27→29→32→34→36→38→40kg(計17段階)

口コミやレビュー

価格比較

24kgタイプ 40kgタイプ
Amazon 19,999円 38,499円
楽天 27,000円 36,800円

24kgを買うのであればAmazonが安く、40kgタイプを買うのであれば楽天が安くなっています。

度々価格変動が起きているみたいなので、購入の前にご自身でも確認してみてくださいね。

楽天で購入すると3カ月の保証が付きます。

アジャスタブルダンベル比較のまとめ

  1. Motions:すべての面でバランスが良いメーカーで一押し
  2. Bowflex:値段が倍くらい高いが重量調整の幅に優れている
  3. MRG:保証期間が長いので安心して使いやすい
  4. ワイルドフィット:現状特徴的部分はない
  5. フレックスベル:弱点が多いもののプレス系種目がやりやすいといった圧倒的な強み
  6. RANKER:販売メーカーの所在が不明だが安く買いたいのであれば検討の余地は十分にある

まとめると上記のような感じですね。

僕的にはMotionsが一番おすすめできると思っています。値段は平均的なものの、保証がしっかりついていますし、しっかりメーカーの所在が分かるって安心できると思います。

用途によってはフレックスベルですね。

サムレスグリップで握れないのと、握力がガンガン持っていかれてしまうといった致命的な弱点はあるものの、プレス系がやりやすいのはやはり大きな強みと言えます。

若干のやりにくさはありますが、Motionsでもプレス系できるので基本はMotionsがあれば十分自宅でトレーニングできますね。

ぼるぼっくす。

僕はフレックスベル購入してちょっと後悔しましたが、Motionsに関しては大変満足しています。

アジャスタブルダンベルで迷っている方はぜひMotions試してみてください!

以上!アジャスタブルダンベルの比較でした。最後まで読んでくださりありがとうございます!